あさひが燦々おはようサン
狆のちゃー坊(11歳)とレオンベルガーのサン(5歳)、イタリアングレーハウンドソフィー(2歳)との楽しいワンコライフを満喫中!

サンちゃん、いよいよ東京で行動開始す

オットの都合で、やむなく関東入りした感のある今回の転居騒動です、が。

実は、数年前から関東に住んだらやろう!と決めていたことがありました。


その出会いは、忘れもしない2013年12月21日。

岡崎市の「動物総合センターあにも」で、赤坂動物病院院長の柴内裕子先生の講演会にサンと参加したことから始まります。

柴内裕子先生は、社団法人日本動物福祉協会主催の動物を伴った訪問活動プログラムに大変力を入れている先生です。

その頃、動物総合センターで、園児たちとのふれあい活動をしていたサンと私ですが、自分の活動に対する態度と柴内裕子先生の目指されている活動内容には雲泥の差があることを思い知らされ衝撃を受けました。

例えば、CAPP活動に参加している間は、犬とアイコンタクトを取るその当たり前の行為にさえ、きちんとした理由と期待される効果があるということなど、初めて知ることだったのです。

↑当時の講習会での写真です。

今までは、人が大好きなサンと、園児が触れ合ってお互い楽しい時間を過ごせればいい、くらいにしか考えていませんでした。

活動レベルの高い東京で、CAPP活動に参加して学びたい!!!

そう思った私は、その日帰宅したオットに熱く、この願いを語ったのですが、もちろん当時は全く現実味のない話だったのです。


それが、たった2年ちょっとで実現化!


引越しのダンボールも完全に片付いていない2月11日。

あの出会いから2年と10ヶ月、サンと私は、立川市で開催されたCAPPハンドリング勉強会に参加することができたのでした!


自分の引き寄せ力もさることながら、こんなにも物事がとんとん拍子に運んだのには訳があります。

岡崎市動物総合センターのふれあい活動をお世話くださっている、井口動物病院の獣医師井口先生が、今回の転居騒動を知って、東京の赤坂動物病院でCAPP活動を主に担当されている友人の千葉先生に私たちを紹介してくださったのでした

井口先生、そして、岡崎市動物総合センターのM獣医さん、ありがとうございました。


それにしても、当日は、犬連れ19組、人のみ参加36名。
参加者の多さも意識の高さの現れですよね。



関東入りして、本当に良かったです。


スポンサーサイト

ご褒美ごはん

今日は、岡崎市動物総合センターのボランティア定例会の日。

その後、垂谷先生のトレーニングもあり充実の一日を過ごすサンです。

サンは、実際の活動よりも、練習会とか定例会とかの方が、好きです。

犬好きの大人の人達に、褒めてもらったり、撫でてもらったりする機会の多い練習会は、満面の笑顔です


今日は、頑張ったので、Diaraの馬肉パーフェクトミンチ角切りをベースにした晩ごはんを頂いたサンでした。


もちろん⇩⇩⇩

今年一番の大ショック

5月のCAPP認定試験に向けて、張り切っていた私とサンですが、

昨日、衝撃の事実が判明しました。

CAPP受験資格項目の中に、訪問活動回数10回以上という項目があります。

昨日、JAHAからの連絡がありました。ワタシタチ、訪問活動回数が足りていないらしいです。

しかも、JAHAの履歴では、ワタシタチの活動参加回数2回…

あと、2回足りないんじゃないですよ。

あと、8回、5月までに活動しなくちゃならないって!

アリエナイ!

過去を振り返らないワタシですが、去年の手帳を確認したら、9月から12月まで結構頑張って参加しています。2回しか、参加してないなんてコトありませんよ~
(JAHAの認定施設以外はカウントされないらしい…イマサラそんな事言われても)

11月にオットのおばあちゃん、翌年2月には、オットのお父さんが亡くなり、その間大阪⇆愛知県を毎日往復した週もある。
そんな中で、5月の試験を目標に、時間を捻出して活動したのに、履歴なしなんて言われると

モチベーション、ダダ下がり。

立ち直れるまで、しばらくCAPPの活動はお休みしよう。

そんな中、届いたコレ。


業務用のドライヤーです。

サンをシャンプーするのに、オットという重大な戦力を失った今、

「CAPPの認定試験に合格したら、自分でシャンプーしなくちゃならないから」

という意気込みで買ったやつですわ…



節約生活の我が家では、けっこう、人間とワンコ共有グッズがあるのです。
例えば、コレ。


自宅トリミングで足元を美しく









2015年初のボランティア養成講座

みなさん、あけましておめでとうございます!

今年もワンコと充実ライフ満喫を目指す我が家です。

さて、本年の目標の一つは

「ソフィー・ケイちゃん、サンの後継者となる」です。

本日は、2015年初の岡崎市動物愛護ボランティア養成講座の日でした。

2月のボランティアドッグ認定試験に合格するために

こっそり那須塩原でテリーライアン先生のレッスンを受けたり、



日々のお散歩先を、テスト会場の動物愛護センターにしたり



たゆまぬ努力の飼い主でしたが、

本日の養成講座も、ダントツの

ビビりで、ダメダメでした。

オフリードのドッグランだと、ドーベルマンパピーすみれちゃんとも、初対面で対等に遊べるのに


動物愛護センターには、なにか魔物が棲んでいるのだろうか?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。