あさひが燦々おはようサン
狆のちゃー坊(11歳)とレオンベルガーのサン(5歳)、イタリアングレーハウンドソフィー(2歳)との楽しいワンコライフを満喫中!

迷子のイタグレさん、その後の運命 その1

迷子のイタグレさん、動物総合センターで保護されて一か月が経とうとしていますが、相変わらず飼い主さんの
お迎えがありません。

通常一週間で保護期間は終了するのですが、性格が良いので、ずいぶん長くセンターにおいてもらえました。

でも、ずっとおいてもらえるわけではありません。

高齢なうえ、乳腺腫が出来ているので譲渡対象ではなく処分対象、とのことでしたので

センターにお願いして我が家で、引き取らせてもらう事にしました。


常々、「これ以上、生き物は増やさんとってな!」

と、オットには注意されていたのですが

ワタシ以上に涙もろい彼に、

保護期間が終わると、豊田市の処分場につれて行かれてさ~(以下、残酷表現が続くので省略)」

と、悲しい真実を詳しく話したところ、うちで引き取って良いとの許可が出ました。


以前、北陸に住んでいた時に、高齢で病気の引き取り手のないワンコをひきとったこともあるし、現実面もよくわかっているから、十分では、ないかもしれないけど、せめて、人間を信じ切っている小さな老犬の余生は穏やかなものにしてあげたいな、と思っています。

そんなわけで、イタグレに詳しい方、今後、一緒に暮らすうえでの注意点などがありましたら、教えてくださいね~

にほんブログ村 犬ブログ レオンベルガーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://terakoyawanwan.blog.fc2.com/tb.php/229-43d743c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。