あさひが燦々おはようサン
狆のちゃー坊(11歳)とレオンベルガーのサン(5歳)、イタリアングレーハウンドソフィー(2歳)との楽しいワンコライフを満喫中!

そんなわけで見知らぬ柴犬が苦手です

そんなわけで、見知らぬ柴犬には、先入観をもって、慎重にお付き合いさせていただきたい、我が家なのです。

もちろん、犬友さんの中には、とってもフレンドリーな、良い柴犬さんが多いことも付け加えておきます。


結局は、飼い主次第なんだと思います。

悪い犬も、ダメな犬も、この世にはいない。
ダメな飼い主が、存在するだけ。

っていうのが、わたしの持論です。

それをふまえて、以前、西尾市の訓練士さんが、ブログに書かれていた文章を引用させていただきます。


ここのところ柴犬のトレーニングが立て続けに入る

決まって噛む子なんですが。

柴犬というか和犬の問題行動ってのは、なんでこうも強烈なのか…
そもそも天然記念物に指定されている犬がこうも繁殖されて、平然とペットショップにいるのがおかしな話で。
歴史は古いが、天然記念物のためあまり改良的な繁殖がされていないため、非常に原種に近く、あまりに犬なのである。
なので頭の中も古く、固いのでパピー(生後1ヶ月ごろ)からの入念な人間社会への刷り込みが必要だと僕は考えます。
通常の洋犬よりも早いぐらいでちょうどいいです。

日本の現代の一般家庭に飼われる犬たちは必ずといっていいほど性格が臆病になっていきます。
それは、一言で言ってしまえば甘やかし。とろけるように甘いです。

あとは気質が弱いか強いか。

弱い子は逃げ、精神的に追い込まれると噛み、強い子は最初から噛みます。

人間でも性格というものは、与えられたら環境、経験、刺激によって形成、変化していくものです。
これは犬もまったく一緒です。
機械ではないので直せません。
病気ではないので治せません。

飼い主が変われば犬は変わっていきます。

飼い主が責任を持って命として大事に扱い、良い環境、経験、刺激を与え続けなければなりません。
性格は消去は出来ませんが、追加出来、変えていけるものですから、諦めないように。

僕はどんな子が来ても真正面から諦めず伝え続けています。

飼い主さんに対しても真剣に伝えています。

みんなで協力しあって、犬との生活が平和なものになるように頑張っていきましょう

にほんブログ村 犬ブログ レオンベルガーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

確かに柴犬は気性が強い仔が多いですよね^^;でも本当中には気の優しい仔も(^.^)前の犬も柴犬が飼い主の手を振り切って噛まれたことがあります。その時は父が柴犬を蹴飛ばし、相手の飼い主を叱ったようです。相手の方が悪いと思ってないと本当改善されないですよね(ーー;)サンちゃん、ロビーちゃんに怪我はなかったのかな?
2013.09.14 22:22 | URL | boss #- [edit]
なーるほど、そんなことがあったのね(´・ω・`)
犬種により正確があるだろうけど、それは飼い主に問題ありありだね!
ちゃんとしたリードもしないで、紐なんて言語道断だね!
うちも中央公園に機会があったら気をつけるよ。
2013.09.17 20:12 | URL | はづきママ #- [edit]
Re: はづきママさま
中央公園と言っても、うちの町内にある、お子さま広場みたいな場所です。岡崎市の中央総合公園では、ありませんよ〜

2013.09.22 22:03 | URL | ちゃー坊サンママ #- [edit]
Re: bossさま
> 確かに柴犬は気性が強い仔が多いですよね^^;でも本当中には気の優しい仔も(^.^)前の犬も柴犬が飼い主の手を振り切って噛まれたことがあります。その時は父が柴犬を蹴飛ばし、相手の飼い主を叱ったようです。

お父さん、オトコマエですね!
オンナだとなめられちゃっていけません。
ロビーは、大丈夫でした。首輪が抜けた後、柴から、サンを護るため、二頭の間に割って入っていました。
2013.09.22 22:11 | URL | ちゃー坊サンママ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://terakoyawanwan.blog.fc2.com/tb.php/239-ed4f25bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。