あさひが燦々おはようサン
狆のちゃー坊(11歳)とレオンベルガーのサン(5歳)、イタリアングレーハウンドソフィー(2歳)との楽しいワンコライフを満喫中!

線香番と衝動買い(その1)

前回の続きです。

オットの実家に駆けつけ、私たち夫婦の任務は、お線香の番でした。

「お通夜の時、一晩中お線香を絶やさないようにするアレね!」

と、過去の自分のジイちゃんバアちゃんのお通夜を経験していたので、親戚一同が集まっての賑やかなお線香の番を思い出しつつ気軽に引き受けてしまったワタシでしたが…

家が変われば、当然しきたりも変わるわけで…

しかも、おばあちゃん100歳なら、兄弟息子娘達も、当然、年寄りなわけです。

寝ずに線香の番なんかしたら、みなさん、おばあちゃんのお供で冥土に旅立ちそうな人ばかり。

で、お線香は私たちがふたりっきりで番をすることになったのです。

オットのおばあちゃんが亡くなった時、
大繁忙期だったとは、前回の記事で書きました。

ですから葬儀会館は満パイで、私たちが、おばあちゃんのご遺体と夜を過ごす場所も、会館の用意してくれた臨時霊安室だったのです。

臨時霊安室は、普段は、遺族の控え室に使われている3畳半の和室でした。

出入り口が狭いので、納棺してしまうと棺桶が出ませんので、おばあちゃんは、お布団に横たえられておりました。

冷えびえと寒く、さみしいその部屋に入った時、

ちょっぴり霊感アリ、のワタシは

いや~な予感がしたのでした。

つづく
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://terakoyawanwan.blog.fc2.com/tb.php/437-33b7c67b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。