あさひが燦々おはようサン
狆のちゃー坊(11歳)とレオンベルガーのサン(5歳)、イタリアングレーハウンドソフィー(2歳)との楽しいワンコライフを満喫中!

12歳にして、犬生はじめての外泊


今回、ホームステイに来てくれたのは、ミニチュアダックスフンドのMちゃんです。

12歳です。

12歳になるまで、一度も外泊をしたことがありません。

お家の方が旅行に行く時は、Mちゃんをホテルなどに預けなくてもいいように、

誰かが一人残り、Mちゃんとお家でお留守番をした、という努力の賜物です。

しかし、この度、ご家族揃って遠出することになり、

ホテルなどで、ゲージに入れっぱなしにされるのは、かわいそうだと、

我が家にホームステイに来てくれることになりました。



我が家に来てから数時間の間は、玄関から離れられないMちゃんでした。

たいてい、ホームステイに来るワンコさんは、事前に下見をしに我が家にお越しになります。

Mちゃんも、数ヶ月前、ご家族全員で我が家の下見に来られていました。

ですから、12歳にしてはじめての外泊ですが、徐々に落ち着いてきてくれました。



我が家の次女、ソフィー・ケイちゃんとは、平気でご挨拶。



事前の聞き取り調査で、「大きい犬は、怖い」とのことでしたが

その日の夜には、サンとも距離をとりながらマイペースに過ごせるようになりました。






翌朝は、ほんのりと暖かな気温でした。

お外に出たそうなので、



お散歩に出かけてみました。


とても、楽しそうに歩いています。
周辺のにおいを嗅いだり、好奇心旺盛です。
小型犬の12歳は、大型犬の12歳に比べると若いですね。



ごはんの時間です。

我が家のルールで、ワンコとニャンコはキッチンに入れません。

ですから、みんな、ごはんができるまで、キッチンの前で待ちます。




我が家では、人間の食事をワンコとニャンコはあげません。

でも、それぞれのごはん時には、同じ食材を使ったトッピングで食事を楽しんでもらいます。

3ワン、1ニャンコのごはんです。
どれが、誰のごはんか、わかりますか(笑)?

週末にホームステイしたジョイくんの血筋は…

週末我が家にホームステイしてくれた、MIXのジョイくん。

IMG_4365.jpg

ママさん曰く、保健所からNPOの保護団体が引き出して、譲渡された子なのでどんな犬種の血が混じっているかわからないとのこと。



IMG_4374.jpg
耳は、秋田犬


でも、

IMG_4380.jpg
たれ耳にすると、断然、ラブラドール


わたしが思うに、

秋田犬&ラブラドールの血筋じゃないかと。


LBLT(レオンベルガー後脚強化特訓)バランス・ドッグマッサージ

11月15日、予定通り、LBKTバランスドッグ・マッサージは、我が家のリビングにて開催されました。

image6.jpg
写真、左から、サン、沙羅ちゃん、瑠菜ちゃん(の代理)、コブルツくんです。

今回は、

●ほぐすマッサージ

血行・代謝促進・老廃物除去・老化防止・痛みの緩和・胃腸の調子が良くなるといった、効果あり。

●意識させるマッサージ

姿勢が良くなる・後脚の使い方が良くなる(大型犬必須の股関節強化)の効果あり。

を、学びました。

参加のレオンベルガー達は、皆、気心知れたお友達なので、

お互いの、ワンコの体を触らせてもらうことによって、

自分のワンコの、筋肉のコリをより理解できました。

image1_20161116190204027.jpg


また、お互いに励ましあったり(笑)して、

本当に、楽しかったです。

せっかく習ったマッサージも、毎日続けないと効果がないけれども、

お友達と受講したことによって、

続けやすい環境になったと思います。

次回は、今回の講習で習った

「LBKT後脚強化ギブス」

をつけて、山登りトレーニングといきましょう!

木酢のススメ

ワンコとのお散歩の時に、木酢マナーウォーターを持ち歩きませんか?

最近は、ワンコがチッチをした後に、
水で流して後始末をされる飼い主さんが増えて来ました。

とてもいいことなのですが、水で流しても、結局チッチをうすめているだけ。
(超大型犬で多頭飼いの我が家なんて、どれだけの水で流せばいいのか!)

結果として、ドッグランや、お庭の芝生を枯らせてしまったのを見たことがありませんか?


そこで、ホームセンターの園芸コーナーで見かける木酢




実は、消臭効果バツグン。




しかも、植物に優しい。








ワンコのマナーウォーターに持ち歩くには、2リットルの水に原液40ccくらいの希釈で良いそうです。

うちは、アマゾンで木酢原液購入しました。

原液1000MLで516円なので、お財布にも優しいですよね〜

お散歩には、木酢マナーウォーターを持ち歩きませんか?

円満な生活を維持するためにも、ペットシッターを利用しましょう

結婚した時に、旦那さんが大型犬を連れて来ました。

奥さんは、さほど犬好きではないけれども、一緒に暮らし始めました。

数年して、旦那さんが、単身赴任になりました。

大型犬は、奥さんの元に残されました。

奥さんも、フルタイムで働いています。

一日中働いて、帰宅すると、旦那さんの犬が、奥さんの帰宅を待ちわびています。

帰宅してからも、家事がありますから、

そうそう犬をかまってやる時間が取れません。

お留守番の時間も長いし、犬がかわいそうだと思う気持ちと

犬を疎ましく思う気持ち

両方の気持ちが湧いてきます。


飼い主の気持ちを、犬は、察するものです。

きちんと施錠したはずの家から、何度も、脱走するようになりました。

奥さんの負担は、ますます増えます。

とうとう奥さんは、

「もともと、あなたの犬なんだから、単身赴任先に犬を連れて行って欲しい」

と、旦那さんに訴えました。

でも、旦那さんは、その訴えを拒否しました。

IMG_4216.jpg
(本文と写真は、関係ありません)


知り合いのセラピストが受けた、相談事例の一場面です。

もともとは、夫婦仲についての相談だったのですが、

話題の中に、同居ワンコさんの悩みが出てきたらしいです。


冷静に判断すると、

旦那さんに対する不満が、犬で表されている

という感じですけど、

でも、

お世話する人間が、疲れていると、ワンコさんにしわ寄せがいくケース

本当に、多いですよね。


例えばペットシッターと契約しておいて

お留守番させている日中、たっぷり運動させてもらっておく、

とか、工夫しておけば、

奥さんの負担も、ずいぶん減るし、

ワンコさんも、ハッピーなんじゃないでしょうか。

毎日は、経済的に無理でも、

週に数回。

月に数回。

外部委託してみるのは、どうかな、と。


些細な不満の積み重ねで、夫婦関係って

あっという間に、崩れ去ります。

(↑バツイチ、ペットシッターは語る)

お散歩代行、どのペットシッターもやっていると思います。


円満な生活を維持するために、ペットシッターを利用する、ってのは、どうでしょう。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。